こんにちわ(´∀`)

オルレフです。

さて昨日サボった茸村と雷上動村間を機関車無しで開通させるためパワーレールを敷設していこうと思います。

23_R



まずは雷上動村に発着用の仕組みを入れます。

いつもだと、到着後一度降りて再度発進する仕組みでしたがそれだと実績にある1km移動は難しいと思われるので降りずに発着できる&見た目をシンプルにという形で考えます。

05_R

発進レールの下にシークレットレッドストーンブロックを置きます。
さらにトロッコディスペンサーの下とその真横にレッドストーンを引きます。

20_R

普通に石レンガで蓋をしたあと上に感圧式スイッチを置きます。
これでいつもトロッコディスペンサーの上にブロックを置いてそれにスイッチをつけたのと同じ動作が踏むだけで出来ます。


34_R

ちゃんと出来ると上から見てこうなっているはずです。

34_R

そしていつもとは反対側にブロックをおいて、そのブロックにボタンを設置します。

44_R

とりあえず上のSSでは右側の線路側しか完全には終わっていませんがこのあと左の線路も同じ構造になりました。
これでこの駅スタートの場合は感圧版を踏めばトロッコが射出されてそのまま乗車レールで乗せられて発車します。
通過の場合はディスペンサー前で止まるのでそのままボタンを押すとそのまま発進しますヽ(゚∀゚)ノ

38_R

さて駅も出来たのでとりあえず茸村に向けてさくさくパワーレールを敷設していきますw
今回の路線はいままででたぶん一番長いと思われるので割と大変w

とは行っても雷上動村、ムラクモステーション間は史上最大の全長2kmクラスなのであっという間に追い越されそうですがw

01_R

これは駅手前の逆走防止の仕組みです。
今回は元の進路に戻さず減速させる仕組みにしている状態です。

57_R

こっちは茸村へ行く最初のカーブ部分です。
今回置いているのはカート検出器です。
このブロックの周辺にカートがくると検知してレッドストーン信号を出します。

51_R

これは茸村へ上がっていく坂道の部分ですね。
逆走時には減速レールとなり、正常な方向なら加速レールになるよう調整していますがちょっと早めに切れたりするのでまた微調整はしますw

34_R

坂道は上がりきったところにカーブがあるので途中までは全力加速して後半は全力で減速させています。

13_R

上がりきったところも逆走対策を入れていますがこの辺りから通常レールとノーマルのパワードレールの構成にしています。

20_R

最後の坂もノーマルのパワードレールなのでフル加速しても安全に進入できます(´∀`)

12_R

終点の駅そのものは従来通りの仕組みにしています。

とりあえずこれで茸村、雷上動村路線は開通ですヽ(゚∀゚)ノ
昨日の予告にあった引き込み線の上げ下ろしの仕組みですがこちらも完成したのですがちょっと記事が長くなりすぎそうなので明日紹介させていただきます。

それではまた明日ヽ(゚∀゚)ノ

ブログランキングに登録しています。クリックしていただくと喜びますヽ(゚∀゚)ノ
 
Minecraft ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村