こんにちわ(´∀`)

オルレフです。

今日は先日完成した北方路線に中間駅を作って行きたいと思います(`・ω・´)

44_R
改造開始前は上のSSの状態ですが、このままいつも通り駅を作ると中間駅で必ず停車してしまいますね(´Д`;)
なのでポイントは

まず、廃坑侵入の前線基地兼待合室?ですが、、、、、

38_R

一見すると以前と大して変わっていませんw

以前の参考画像w

49_R

実は位置が2mほどずれていますw
(´-`).。oO(わかるわけねえだろそれ)

今回停止スイッチをあらかじめ各駅でいれない限りこの駅は通過するようにしますヽ(゚∀゚)ノ

59_R

ということでさっくり作って見ますw

24_R

さて、動作を確認してみましょう。

13_R


今回信号はワイヤレスレッドストーンプラグインで草野村と雷上動村から送ってくる仕組みで考えています。
とりあえずどちらかでレバーをオンにすると引き込むようにしようとおもいます。
戻すには駅に戻る必要がありますがまあ、引き込まれても再出発可能ですから問題は無いでしょうw

さて、上のSSですが現在レバーオフです。
パワードレールがオフになっていて引き込みの分岐が左に入るようになっています。
信号の元はSS左側の壁の方です。

34_R

別の角度から見てみましょう。
中央奥にある看板がワイヤレスレッドストーンプラグインで信号の受け側となるレシーバユニットです。
送信側であるトランスミッターユニットに信号が来るとこの看板はレッドストーントーチとなり信号を発生させます。

35_R

信号を入れるとこうなります。

46_R

NOT回路で自動転轍機の信号が逆転しているとおもいます。

12_R

穴だらけでは格好が悪いのでハーフブロックを使って蓋をします。
ここで通常のブロックで蓋をすると信号を遮断しますが、ガラスなどのブロックかハーフブロックのようなものを使用した場合は信号を遮らないので便利ですw

03_R

同じように反対側にも回路を敷設します。
ワイヤレスにする前に普通のレッドストーントーチで通電確認w

10_R

ちゃんと通電していますw

24_R

トーチ除去すると普通に戻るのを確認(´∀`)

23_R

気に入らなかったところなのですがワイヤレスレッドストーンプラグインの看板が邪魔だったので回路を修正して看板を地面の下にしまいましたw

29_R

そして残ったこの穴をカーペットで塞ぎます(´∀`)
さあ、できた、できた、、、、あれ?

気がついた方もいるかもしれませんが最初に私はレバーをオンにしたときに引き込む方式に使用としていましたが現在は逆になっていますw

38_R

ん~せっかく終わったと思ったのに~(´Д`;)

54_R

この画像で見えている下のレッドストーントーチはワイヤレスレッドストーンプラグインの看板が変化したものです。
看板の位置を少し奥にして、、、、、

18_R

横から見るとこのように設置してもう一つNOT回路を組み込みました。

58_R

信号をちゃんと伝わらせるためにレッドストーンを1個置き、その隣にワイヤレスレッドストーンプラグインの看板を設置します。

01_R

いま見えているレッドストーンはワイヤレスレッドストーンプラグインの看板が変化したものです。
奥のレッドストーンに信号を伝えてその向こうにある石ブロックを通して反対側にあるレッドストーンで信号を反転しています。

10_R

上から見てみましょう。
パワードレールの下を通ってる若干3D回路チックに見えますが実際はほぼ平屋の回路ですw

54_R

レバーを切るとこうなります。

25_R

とりあえず完成です。
白い羊毛ブロックが見えると思いますがあそこに立って発車ボタンを押すと安全に乗車できる場所を示しています。

42_R

何となくわかるのでは無いかと思いますがもっと詳しい作り方とかの希望があればコメントにどうぞ(´∀`)

それではまた明日ヽ(゚∀゚)ノ

ブログランキングに登録しています。クリックしていただくと喜びますヽ(゚∀゚)ノ
 
Minecraft ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村