こんにちわ(´∀`)

オルレフです。

叢雲町の拡張中ですが以前のレッドストーン講座が割と人気ですのでmod無しのTNTキャノン作成講座をやってみたいと思います(´∀`)

46_R
前回の講座は以下になります。
レッドストーン回路初心者講座前編!(mod無し)
レッドストーン回路初心者講座後編!(mod無し)

まずは、基本的なTNTキャノンを作りたいと思います。

00_R

まずはこのようにU字型にブロックを置きます。
よく鉄ブロックや黒曜石で作っていますが特に決まりがあるわけではありませんw

基本的にTNTキャノンが正常に動けば土でも羊毛でも破壊されることはありませんので今回は羊毛を使ってみますw

長さは今回適当に決めてUの先端にSSのようにトラップドアを置いておきます。
これは中に水を流すのでそれをせき止める役目です。

水はトラップドアと反対の一番奥に1つ流して下さい。

16_R

さて、まずは上のようにボタンとレッドストーンを置いておきます。
こうすることでボタンを押すとレッドストーンブロックの下の羊毛ブロックが導体ブロックとなり横にあるブロックに信号を伝えます。

30_R

次に右側にレッドストーンを伸ばしレッドストーンリピーターを置いていきます。
このリピーターは弾頭となるTNTに信号を送る為のものです。

41_R

なぜそのままではないかというとそのまま設置するとリピータは信号をすぐ伝えてしまい、射出と同時に爆発してしまいますw

それでは自爆兵器になりますので射出後しばらくしてから爆発するようにリピータの信号遅延を利用して時差を作ります。

44_R

このように遅延をかけます。

01_R

とりあえず同じように遅延最大にして並べておきます。

28_R

そしてリピータの先にブロックを置いて導体ブロックとなるようにします。

02_R

まず、射出用のTNTを設置。
一番手前にTNTを置くと水が消えてしまいますので置かないようにしましょうw
置いてしまった状態でボタンを押すとキャノンごと爆発しますw

12_R

そして弾頭となるTNTをトラップドアの上に置きます。

以前にもお話ししていると思いますが初めての方もいるので改めてここでTNTキャノンの仕組みを説明します。

まず、水の中で爆発したTNTは破壊力は失われますが、アイテムなどを吹き飛ばす力はそのまま残ります。
この力を利用して着火済みのTNTを吹き飛ばすのがTNTキャノンの仕組みです。

上のTNTキャノンだと水と同じ高さのTNTが射出用で着火と同時に水流でトラップドアの手前に固まります。
そして時間差で1個上にある弾頭用のTNTが着火されて下に落ちます。
弾頭用のTNTは着火タイミングが遅いので射出用のTNTが爆発してしばらく後で爆発するため飛んでいったさきで爆発するという仕組みです。

それでは発射してみましょう(´∀`)

17_R

ぽちっとなw

20_R

あ、割と近いw

22_R

目の前にクレーターが出来ましたw
これは射出用の弾頭が少なすぎるせいですねw

ということでそのまま拡張して見ましょうw

04_R

水の流れる限界まで長くしてみますw

21_R

弾頭もギリギリまで着火しないように全てリピータで繋げて全部遅延最大にしておきます。

40_R

ロングバージョン完成ですw

59_R

弾頭と射出用のTNTを設置し、早速試射して見ましょうw

04_R

発射!

07_R

ちゅどーんw

09_R

あれ、飛距離が出てないw

03_R

もう一回テストをしてみたらかなり飛びましたw
最初のクレーターのさらに奥のほうに穴が開いています。

21_R

奥のクレーター側から見るとこうなりますw
小さな白いものが中央上左気味にあるのが見えると思います。

さて、これでは終われませんので明日は後編で高性能化を進めてみましょうw
 
それではまた明日ヽ(゚∀゚)ノ

ブログランキングに登録しています。クリックしていただくと喜びますヽ(゚∀゚)ノ
 
Minecraft ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村