こんにちわ(´∀`)

オルレフです。

今日はB29でも使用できる大型滑走路を作っていきたいと思います(`・ω・´)

01_R
はい!そこのあなた昨日の記事の続きだったら司令室じゃねえの?とおもったあなた!あなたは正しい!w

ゴメンナサイm(__)m

ここ数日の記事を見ていただけるとおわかりかと思いますが司令室難航していますw
なんか作ってくうちにこうエヴァの司令室やらガオガイガーの司令室やらネェル・アーガマの艦橋やらゲッコウ号のコックピットやらいろいろ実現したいところはあるもののオルレフの技術力不足でいまいち納得がいく状態になってません(´Д`;)

昨日のエヴァ序も見ましたしちょっとロボットもの成分を充電していますのでちょっとお待ち下さいw

で、今回の大型滑走路ですが元々基地建設の初期から構想はあって司令室を作ったら取りかかる予定だったのですがちょっと前倒ししていますw

まずは基地の南側を使用する予定だったのでB29のサイズを考えて若干拡張することにしますw

23_R

何しろ改めてB29の全幅を考えるとなんと滑走路幅60mは必要だということがわかりました。

とりあえずざっくりWorldEditでカットして、、、、

21_R

smoothコマンドなどで自然な地形に変形させますw

11_R

こっち側もざっくりカットして、、、、

31_R

カッとした地面を草地に置き換えた上でsmoothコマンドで整地しますw
smoothコマンドのポイントとして先ほどカットした平地を含めて盛り上がった部分を指定すると割と自然になりますw

48_R

基地の後方を拡張した関係で滑走路の幅がたりなくなっていることがわかったので整地範囲をちょっと拡張(´∀`)
ここにコンクリートを流し込んで埋め立てましたw
(´-`).。oO(SS取り忘れたのね・・・・)

28_R

基地の東側も大規模に整地しておきます。
まあ、以前はかなり不自然に盛り上がってるところもあったのでさっきの要領で自然な感じにしておきますw

39_R

はい、これでB29も十分動ける幅の場所を確保できましたw

04_R

アスファルトを敷き詰めてセンターラインを引いておきます。
センターラインはいつもの通りフルカラー羊毛で光源として機能するように引いていきます(´∀`)

52_R

さすがに今回、幅が60mぐらい有るのでそのままでは湧きつぶしが終わらないので途中に黒いフルカラーブロックを光源化して引くことにします。

50_R

ふー出来た出来たと半分思っていたところセンターラインが1m偏っていることが発覚(´Д`;)
引き直しました(´・ω・`)

58_R

さすがにこのサイズなら十分離着陸出来ます(´∀`)
滑走路の端からでは反対側がチャンクの表示距離を超えてしまい見えません(´Д`;)

36_R

あの滑走路を進むとこうなっています。

43_R

こう見ると割と危ない滑走路ですねw
速度が上がらなかったら土の中にドッカンですw

11_R

それでは実際に離着陸をして問題ないかを確認します。
今回気になっているのは滑走路の長さで、十分長さを取ったのですがエンジンが弱いB29だとギリギリになる可能性も考えてのテストですw

まあ、無事離陸できて、、、、、

46_R

ちゃんと着陸も出来ましたw

35_R

滑走路にB29と比較用にF14とF35を置いて見ました(`・ω・´)
通常のサイズの機体なら2機同時発進できる幅ですねw

明日は、司令室の続きかB29用の格納庫を作りますw

それではまた明日ヽ(゚∀゚)ノ

ブログランキングに登録しています。クリックしていただくと喜びますヽ(゚∀゚)ノ
 
Minecraft ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村