こんにちわ(´∀`)

オルレフです。

今日はちょっと久しぶりにTNTキャノンで遊びたくなったので新型TNTキャノンを開発しますw

28_R
今回サバイバルでの制作はあまり考えていませんw
といっても主に給弾するための方法を考えていないだけですので手間をかければぜんぜん可能ですw

25_R

まず従来のTNTキャノンの技術を元にしてちょっと考えますw
過去のTNTキャノンの記事を見たい方は下のリンクにあるカテゴリをご覧ください(´∀`)
カテゴリ:TNTキャノン

まずはテストですw
今回最初のSSにあった用に縦に長いタイプを考えます。
なのでまずはシンプルに1段から始めます。

55_R

いったん完成w
それでは発射してみましょう。

53_R

射出用のTNTが少ないので目の前に着弾しましたw

32_R

これは2段の試験機です(´∀`)
ここまで基本的にmodを不使用で作っています。

見てもらうとわかりますが回路を考えて上下のディスペンサーは1マス空けて作っています。

34_R

しかし変な動きをして吹き飛びました(´・ω・`)
テスト時は弾頭は止めているので射出用のTNTで吹き飛んでいます。

28_R

ちょっと仕組みを変えて上下のディスペンサーの間にブロックを置きそれを導体ブロックにしてディスペンサーを作動させます。

27_R

しかしこれもなんかおかしな動きをして吹き飛びましたw
まあ、こんな形で単純に縦に並べるにしてもバニラのものだけだといろいろ考慮をしないと上手く作動してくれない事がわかりますw

28_R

さて、それではProjectREDのワイヤを利用した縦置きTNTキャノンです!
ディスペンサーが縦に10段×2台×3面で60個の射出用TNTが使用されます(`・ω・´)

TNTキャノンの周囲を通っている赤い部品がレッドストーンワイヤで壁に貼り付けできることを利用してシンプルな回路にしています(´∀`)

21_R

さて、それでは発射します!

撃てぇヽ(`Д´)ノ

23_R

飛べええええぇヽ(`Д´)ノ

14_R

さあ、走って追いかけましょうw

37_R

クレーターを発見したので一番手前の穴の前の位置で計りますと282mです(`・ω・´)

36_R

もう一度テストをしてみると今度は291mでした(`・ω・´)

以前のもので222mが最長距離となりますので70m近く伸びましたw

23_R

ワイヤを使ったことでディスペンサーの後ろの丸石を全て導体ブロックにした形です。
弾頭うは起爆を遅くするために7つのリピーターで遅延をさせています。

37_R

発射口はこんな形ですw
真下を向いているのが弾頭用のTNTを出すためのディスペンサーです(`・ω・´)

38_R

上からのぞくとこんな感じですw
このディスペンサーへのサバイバルの補給方法が簡単ではないのでいったん試作版と言うことになります(´∀`)

いったん今回のTNTキャノンについてはまた近日中にパワーアップを考えたいと思います(`・ω・´)

それではまた明日ヽ(゚∀゚)ノ

下の二つのボタンを押して当ブログの知名度を上げてください(`・ω・´)
順位が上がるとモチベーションが高まります!ヽ(゚∀゚)ノ

 
Minecraft ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村