こんにちわ(´∀`)

オルレフです。

今日はここ数日の定番でぱたぴぃのケレティン村レポートとムラクモステーションの経過を引き続き紹介していきます。

33_R




ほぼ街並み的には完成したそうで、面積で行くと叢雲町の初期開拓エリアより大きくなりましたw
 
43_R

後半、元々のケレティンに近づけるために橋部分を丸太で作成したようです。
一部カメレオンブロックや斜面ブロックを使用しています。

57_R

これなら歩くのも楽そうですねw

47_R

所々にある家は元々のEverQuestではお店だったりクエを受けたり出来たと思いますのでCustomNPCsでNPCを設置する予定です。

51_R

ネザーブロックを使ったかがり火的なものもあります。

05_R

上のSSは本家と比べても遜色のない味わいがありますねw

11_R

ケレティンの端の方に行くと地上になんか家が建設中でしたw

56_R

まだ壁すら完成していませんがなかなかよくまとまった感じに出来てますねw
この建物はとあるレトロゲームの洋館を元にしているそうです。
クトゥルフ神話を題材にしたものです。

タイトルがわかった方はコメントにどうぞw

さて私の方ですがアイデアがまとまらなかった屋根部分を建設し始めました。

14_R

狭い部分をフルカラーブロックを光源として埋めておきます。

21_R

コメントで東京駅がモデルではないかといわれていたので逆に東京駅の写真を見てイメージを考えて尖塔を立てることにしました。

ただ建てるだけでなく屋根裏を含むエリアに自由に行き来できるようにしようと考えてごにょごにょいじっていましたがだいたいこんな外観に落ち着きました。

58_R

尖塔が四つ追加、屋根部分のステンドグラスをシラカバの木のブロックに変更しました。
また、ボリューム不足だったので一面につき4本程度の柱を外壁に追加。
それに伴ってフロア区切りの足場もそれに併せて調整。
(このあたりのSSは全面の中央より柱の足場が未完成ですが、、、)

42_R

正面中央の入り口には屋根をつけて見ました。

28_R

首都にふさわしい立派な外観になりましたw

41_R

上から見るとわかりますが、各尖塔は中央の屋根につながっておりそこからさらに下の屋根裏につながっています。

55_R

こちらは裏側から見た感じです。
正面とは微妙に異なったデザインです。

06_R

反対側はこうなります。
形状的に単純ではなく見た目的にも特徴が出せてなんとか個人的に納得のいく外観になりましたw

一応明日はムラクモステーションの2階を作成しようと思います。

それではまた明日ヽ(゚∀゚)ノ
ブログランキングに登録しています。クリックしていただくと喜びますヽ(゚∀゚)ノ
 
Minecraft ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村